干物が出来上がるまで

1.刃渡り7センチメートルほどの小出刃を魚の腹にあてがい、すっと引いてワタを出し頭を割ります。
この流れで約5秒。熟練の技です。

2.次に塩水に30分前後漬け込みます。

3.塩水に漬けた後、水洗いをします。

4.水洗いした後に網に並べます。

5.干し網の上に並べて朝を待ちます。

6.太陽の日差しをたっぷりと浴びて海風に晒します。干物の表面が完全に乾いたら出来上がり。

7.魚の身の色も青みを帯びたものからべっこう色に変わっています。